【FXGT】ゼロカットのメリットとデメリットや注意点 証拠金維持率と追証なしのシステムについて解説

FXGT

fxgtの口座では残高に応じてマイナスになると追証なしのゼロカットシステムが採用されていますのでリスクはありません。このシステムはトレーダー側には大きなメリットがあります。そのためCrypto GTはとてもトレーダー目線で運営することができている仮想通貨取引所とも言えるのではないでしょうか。ゼロカットについてまとめました。

ゼロカットとは?

ゼロカットとは急激な相場変動により大きな含み損を抱えてしまい、場合によっては口座残高がマイナスになることがあります。この場合にゼロカットシステムが採用されると、マイナス分がFX会社や仮想通貨取引所によって補填され、0になるというものです。つまりトレーダーはマイナスになって借金を負うというリスクがなくなるのです。つまりトレーダーにとってはとてもありがたいシステムと言えるでしょう。

FXGTはゼロカットが採用

FXGTではゼロカットシステムが執行、採用されているため、上記のように急激な相場の変化が起きて一定のマイナスに低下してなってしまっても借金になるリスクはありませんので安心です。追証なしであるため、他よりこの業者を使う時、額を気にせずトレードが可能。おすすめの会社です。禁止されている行為をしなければ資産を活用して有効にトレードを行うことが可能。両建てやスキャルピングトレードなど複数の手法を適用できます。スタンダードやミニの口座で好きにトレードが可能です。

マイナス残高が発生するケース

そこで気になるのはそもそも、どうやってマイナス残高というものは発生してしまうのでしょうか?そんなに頻繁に起こるものではありませんので、気になる方が多いのではないでしょうか。以下がその事例になります。常にそのままトレードを続けると、十分な資金が不足して足りなくなることがあります。マージンコールなど警告など行いますが一瞬で溶けることがあります。プラットフォームでは目的に応じてしっかりロットを抑えて安全にやることが重要です。

相場の急変動

近年は世界的にもかなり不安が広がっており、戦争のリスクも高まっており、危険な状況にあります。たとえば、政変や衝撃的な金利政策の発表などがあると、相場は恐ろしいペースで急変していきます。このような事例が起こると、強制ロスカットが遅れるケースが良く起こるのです。ロスカットが処理されるまでの数秒の間に、一瞬でチャートが大きく変動すると、ロスカットが間に合わず、口座残高はマイナスとなります。

ロットが多すぎる

資金がとても少ないにもかかわらずロットを入れ過ぎてしまうと、一瞬でチャートが大きく変動したタイミングで、強制ロスカットが発動することになるのですが、上記のような数秒の間に変動してしまうと、ロスカットが間に合わず、口座残高はマイナスとなります。

マイナス残高は発生するのか?

マイナス残高というのは実際に発生します。日本の金融先物取引業協会の集計によると、日本国内だけで数千件起こっていることが分かっています。このようにいくら自動化が進んだ社会になったとしても、急激な変化には追い付かないのです。

Year
発生年
Minos balance
マイナス残高件数
Apple Shock20196,389
China Shock20154,820
Swiss franc shock20151,137

Source : 金融先物取引業協会

ゼロカットはブローカーに有利?

ゼロカットのシステムを見ると、あたかもトレーダー側のメリットのように見えてしまいます。当社では通常、投資するさいにゴールドや暗号資産、ビットコインなどでゼロカットが採用されますが会社にもメリットがあります。豪華なプロモーションなど活用しましょう。重要な規約違反がなければゼロカットは回数問わず採用されます。基礎は自身でツールで非常に狭いスプレッドを活用して利益を出しましょう。

安心感

ゼロカットシステムが採用されているということは借金がないということになります。結果的にブローカーは多くのトレーダーを呼び込むことが可能になるのです。そして積極的にトレードするユーザーが激増するという結果にもなり、利益になります。

訴訟リスク

もしゼロカットシステムが採用されていないと、マイナス残高になったユーザーで、しかもお金が出せないユーザーが多い場合は1人1人訴訟を起こさなければならなくなるでしょう。ゼロカットシステムが採用されていることで、このような無駄な手間もカットできるという利点があります。

ゼロカットの発動条件

最後に知っておいた方がいいことはゼロカットの発動はあくまで口座残高がマイナスになって、かつボーナスもなくなったタイミングになります。クッション機能があるため、ボーナスまですべて失わなければゼロカットの発動はされません。ボーナスはトレードにしか利用できず出金できませんが、トレード資金を増やすことができる、ありがたいサービスでもあります。

マージンコール

まずゼロカットの前にマージンコールが発動します。マージンコールは、保有ポジションの含み損が拡大していることをトレーダーに知らせるアラート機能です。ECN,Crypto Max,PRO口座は証拠金維持率70%、それ以外の口座は証拠金維持率50%でマージンコールが発動します。現在保有中のポジションを損切りするか、もしくは追加入金をするかしなければなりません。

Margin Call
Standard50%
Mini50%
Crypto Max70%
ECN70%
PRO70%

ロスカット

ロスカットが発動すると含み損を抱える保有ポジションが強制決済されるため、損失が確定されてしまいます。ECN,Crypto Max,PRO口座は証拠金維持率40%、それ以外の口座は証拠金維持率20%でロスカットとなります。マージンコールのときに何らかの処置をしておかなければ、ロスカットが作動してしまうことになります。FXGTの口座別ロスカットは口座タイプによって変わります。

Loss Cut
Standard20%
Mini20%
Crypto Max40%
ECN40%
PRO40%

ゼロカット

最後に発動するのがゼロカットです。証拠金維持率が0%を下回るとゼロカットシステムが発動します。ゼロカットシステムが発動するとマイナスになった口座残高分の損失額をFXGTが負担してくれるため、トレーダーは借金を追うことはありません。FXGTは安心してハイレバレッジ取引することができるブローカーです。

ゼロカットの注意点

ゼロカットはトレーダーにとっては利点しかありませんが注意点もありますので以下の点に気を付けてください。

ゼロカットを悪用した取引

ゼロカットを悪用した取引をした場合はペナルティの対象となりえます。その場合は口座凍結などのリスクを抱える可能性がありますので注意しましょう。

ボーナス消失

ゼロカットが採用されるとき、ボーナスは消滅します。FXGTではクッション機能がありますが、ゼロカットが採用されるときは元金とボーナス全てが消失するときと言うことになります。ボーナスは残しておきたいという方は、マージンコールが発生した際に証拠金を追加してロスカット・ゼロカットを回避してください。

損失額が多い順にロスカット

FXGTでは、損失額が多い順にロスカットされます。そのため傷の深いポジションほど早めに手動損切りをした方がいいということになります。

禁止事項に触れるとゼロカットされない

上記の記事でも説明していますが、禁止事項に触れるとゼロカットされない可能性がありますので気を付けましょう。禁止事項が発覚すると、ゼロカットされないどころか、二度とトレードができない可能性があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました