Exness(エクスネス):日本の金融庁とライセンスの有無について FX会社が登録しない理由 解説

Exness

Exnessのグループは取引において日本の金融庁に登録しているのか?本記事で以下解説します。使っているユーザーの中で、日本人トレーダーは1点気にしていることがあるはずです。それはExnessが日本の金融庁から認可を受けているのか?ということです。この記事ではExnessの信頼性や安全性も含めて記事にしています。

日本の金融庁から認可されていない

概要としてExnessは日本の金融庁からはライセンスを取得していません。日本の金融庁は無許可の会社に対して警告しています。おそらくExnessも近い将来、警告を受けることになるでしょう。これを聞くととても怖いように見えますが、以下のような理由があります。提供するサービス情報に関して支障があるからです。投資する者にはかなり大きなメリットが隠れていることが分かります。海外FXを行っているパートナーの方にはメリットが消失してしまいます。

レバレッジ規制

Exnessの一番の特徴はなんといっても無制限レバレッジと言うところ。しかし日本でもし、金融ライセンスを取得するとなる場合、大きく制限を受けてしまうのです。これはトレーダー目線で見ても、メリットにはなりません。むしろ魅力がなくなってしまい、登録ユーザーが減ってしまうリスクを抱えてしまうことになります。

ゼロカット対応

Exnessの利点としては大きな損失を出しても、追加入金を請求されることはなく、マイナスになった資金は全て業者が補填してくれます。これは要するにユーザーが借金を背負うリスクがないと言うことになります。日本の規制が強いため、ゼロカットは認められていません。日本は規制が強いせいで取引の自由度を狭めユーザーにとって不利な条件となってしまっているのが現状です。

日本から撤退?

もしExnessが金融庁から警告を受けた場合、Exnessは日本から撤退するのでしょうか。それはまずないでしょう。理由としてはExnessでは多くの日本人トレーダーを抱えている会社であるため、撤退はリスクでしかありません。現在は、とてもグレーな状態で日本での運営が行われている状況なので、何らかの手を打ってくる可能性は高いです。

勧誘は禁止

日本の金融庁から登記、許可されていないタイプの証券会社などの事業や証券仲介業の業者は日本国内の日本人を各種コンテンツに「直接」勧誘できない方針になっています。しかし個人でウェブサイトなどを見て外国為替などプログラムを勝手に利用する分には制約はありませんし違法でもありません。自己責任でオンラインで商品の利用が許可されています。

Exnessの取得ライセンス

それではExnessはいったいどこの国のライセンスを取得しているのでしょうか。詳細は下記ページで記事を参考にしてください。内容を説明しています。金融ライセンスがあれば機構が金融サービスや出金を行うさいに規制をして、会社は必要な行為が必要になります。業界でも多数の拠点を持っており、所在地、住所により受けている委員会は別になります。

金融ライセンス一覧

Exness limited.ltdは世界展開している企業であり、さらには子会社もあるのですが、多数の金融ライセンスを取得しています。取得がトップクラスに難しいとされているイギリスのライセンスを取得しているため、かなり信頼できる会社と言えるのです。イギリス(英国)のFCAは上記で挙げた日本の金融庁がモデルにしているほどの組織になります。そのためライセンス取得が極めて難しいと言われているのです。それぞれの地域で金融庁の機関で監督の下、ライセンスの番号ももっています。投資家のお客様は特定のサポートや管理の体制があり安全です。

CompanyAuthorization
Exness (SC) LtdSeychelles Financial Services Authority (FSA)
Exness B.V.Curacao and Sint Maarten Central Bank (CBCS)
Exness(VG) LtdBritish Virgin Islands Financial Services Commission (FSC)
Tortelo LimitedMauritius Financial Services Commission (FSC)
Exness ZA(PTY) LtdSouth African Financial Industry Conduct Authority (FSCA)
Exness(Cy) LtdCyprus Securities and Exchange Commission (CySEC)
Exness(UK) LtdUK Financial Conduct Authority (FCA)

この業者は正式に世界中に複数の拠点やオフィスがあり、キプロス(Cyprus)、セイシェル(seychelles)、シント・マールテン(martina)、南アフリカ(South Africa)、イギリス(UK)、オーストラリア(Australia)、キュラソー(curaçao)にグローバルで事業所があります。会員は残高を使って判断し対象の銘柄(CFDなど)に目的に応じて注文してトレーディング、および決済を行うことができます。実績があるので安心です。弊社ではmetatraderだけでなくターミナルもあります。また国内の顧客の資金はしっかり保護されています。

キプロス証券取引委員会

また、イギリスだけでなくキプロス証券取引委員会は金融ライセンスの中で非常に取得が難しいと言われています。しかしExnessではこのライセンスも取得しています。キプロス証券取引委員会はFX会社に対して資金の分別保管を義務付けているので、トレーダーの資金の安全も保障されます。これはトレーダーにとって大きなメリットになるはずです。

運営期間は10年以上

Exnessは設立してから10年以上経過しても安全に経営できている会社になります。これがもし詐欺会社であれば、頻繁に会社名を変えているか、拠点を何度も移していることがおおいのですが、Exnessはそれがありません。そもそも詐欺会社であれば10年以上経営すること自体が難しいのです。そのため、安全性と信頼性と言う点もとても安心です。そして、それだけでなく、登録者もとても多く、世界的に認知されているFX会社になるため、今後倒産する可能性も低いでしょう。

Exnessは無料口座開設が可能

Exnessは金融商品の取り扱いがとても多く、外国為替証拠金取引を筆頭に、仮想通貨、貴金属、エネルギー、株式、株価指数などがトレードできます。自動売買(EA)も可能となっており、スキャルピングもできます。ボーナスやキャンペーンはありませんが、ロスカットが0%となっており、証拠金維持率がぎりぎりまで耐えることができます。一部の居住者の方は登録ができませんので注意です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました