XMTrading:FXのゼロサムゲームは嘘? 理論と現実の違い

XMTrading

FXについて情報収集をしているとゼロサムゲームという言葉がよく出てくると思います。ゼロサムゲームとはどういう意味なのでしょうか?そして本当にFXはゼロサムゲームが成立するような仕組みになっているのでしょうか?

ゼロサムゲームとは?

ゼロサムゲームという言葉自体は勝った人の利益と負けた人の損失が等しくなることをいいます。FXでは利益を得るということは、損失を出している人がいることで成り立っていることから、一般的にFXはゼロサムゲームだと言われています。

これに対して類義語もあります。プラスサムゲームという言葉があります。これはゲームの参加者の利益と損失の合計がプラスになるもののことを言います。つまりWin-Winの関係になるともいえます。

さらにマイナスサムゲームという言葉もあります。マイナスゲームとは、参加者の大半が平均して負けるゲームのことを言います。マイナスサムゲームには、パチンコや競馬などいわゆるギャンブルが含まれています。

FXがゼロサムゲーム?

参考としてFXや株式投資が分析するとゼロサムゲームと言われることに対する根拠は以下のようなものがあります。お金的には全員がゼロに収束する可能性がそれぞれ大きく高いのです。何で多くなってしまうのか?日本でも世界でも他に結果を出している方もいますが、少数派。相場のテクニカル分析をして計算をして予想しても売買で稼ぐのは簡単ではありません。一般には最大のレバレッジを活かしても資産は為替でなかなか増えません。

等価交換

FX取引をする場合、必ず等価交換の原則が適用されます。例として言えば1ドル100円の時にドルを買いたいと思ったとします。そしてそれを行うためには、同じレートで逆に円を買いたいと思っている人がいなければ取引は成立しません。それだけでなく利益確定をしたい場合は同様に反対取引をしてくれる人がいなければ利益を確定することができません。

得をすれば損もする

等価交換の法則を適用すると、得をすれば損をする人もいるという意味になります。一方の通貨の価値が上がれば、もう一方は必然的に下がることから、相対的にはプラスマイナスゼロになるため、FXはゼロサムゲームと呼ばれています。

FXの現実

FXの完全に統計でもゼロサムゲームという言葉は理論上ではその通りであることが分かります。しかし実際のところその通りではありません。これには以下のような理由があるのです。結論は非常に原因がありますのでしっかり対策をしてもちろん成長していきましょう。どちらの内容もショート、ロングに影響します。プロの投資家はデイトレードで重要な結果を出すために色々なことをしています。

中央銀行の介入

FXでは政府や中央銀行による介入が行われています。つまり、FXは国の介入によって変動します。急激な円安が起こった時には、これ以上円安が進行することを防ぐために、国が円を大量に買い取るといった為替介入が施されます。

税金

FXは税金がかかります。FXは雑所得となり20万円を超える場合は自分で確定申告をしなければなりません。FXはマイナスサムゲームになるって考えることにもなるのです。トレーダーは税金分の負担を強いられてしまうからです。

手数料

FXはほとんどの人がブローカーを利用しているでしょう。ブローカーはポジションを建てた直後にスプレッド、手数料が発生します。つまり発注をした時点において、すでにスプレッド分のマイナス分が含み損になっているわけです。この時点ですでに負けトレードともいえるのです。

FXはマイナスサムゲーム?

FXはどうしてもスプレッドや税金がかかるというリスクがあるのでマイナスサムゲームで動いているということになるかと思います。そのためゼロサムゲームというのは嘘ということになります。スプレッドやスリッページを含めるとこれらの市場はマイナスサムゲームとして働くことになるため、実質ゼロサムゲームというのは成立しません。

おすすめのXM

XMは元来スプレッドが広すぎるFX会社として知られていました。しかしこれはつい最近までの話です。いまはKIWAMI口座という口座タイプが登場しています。スプレッドがとても狭く、トレードにとても適しています。そのためこの口座タイプはとてもお勧めです。特にポンドでトレードする方は極めてスプレッドが狭いため、おすすめします。

KIWAMIStandardZero
USDJPY0.7pips1.6pips1.1pips
EURUSD0.7pips1.7pips1.1pips
GBPUSD0.7pips2.1pips1.2pips
AUDUSD0.9pips1.8pips1.4pips

コメント

タイトルとURLをコピーしました