【HFM(旧HotForex):初心者向け】チキン利食いの理由と解決方法

HFM

トレーダーにおいて良く聞く言葉の一つがチキン利食いではないでしょうか?これは実際にトレーダーをやっていると実際にチキン利食いをやってしまうケースが多いのです。それではどのような人がチキン利食いをする傾向にあるのでしょうか?

チキン利食いとは?

チキン利食いとは、エントリーをしたあとに含み益が出てきたらすぐに決済して利確してしまうことを意味します。これはもちろん局面によっては正解でもありますが、不正解であるときもあるのです。どういうことかというと局面によっては引っ張らなければならないときもあるからです。例えばトレンドを狙うときは、50pips,100pips狙いに行ってもいいでしょうが、そんなときに5pipsくらいで利食いすると、とてももったいないです。

その一方で、レンジ相場の場合などはこの判断は正しいということにもなります。レンジ相場というのは同じ値幅を行ったり来たりをしているだけですから大きな値幅は狙えません。そのため5,10pipsで利食いしてしまうことは決して間違ってはいないのです。チキン利食いをやってしまう方の傾向は以下のケースです。

初心者

初心者トレーダーの場合は、どうしてもチキン利食いが増えます。ちょっとでも含み益が出ると、利確したがるのです。しかしその一方で、含み損になるとなぜか耐えようとしてしまうのです。これは五日は戻ってくると思っているからですが、そうならないときもありますので危険です。

トレードルールがない

何の計画性もなく、トレードルールも作っていない場合はそもそも何となくエントリーしてしまうケースが多いです。その場合はもちろんですがどこでおわるのか?という出口戦略が一切ありませんので、ゴールが見えず、すぐに決済してしまいます。

ロットを上げ過ぎている

ロットを上げ過ぎているケースもチキン利食いが多いです。これはあまりにも動く値動きが大きすぎるため怖くなってしまい、すぐに決済をしてしまうのです。これにより大きく得られたはずの利益が小さいままで終わってしまいます。

自信がない

あまり勝てないトレーダーは自信がありません。そのためかエントリーしても自分を信じることができずに、チャートを見ていると怖くなってしまい、即座に決済をしてしまう傾向が見受けられているのです。

チキン利食いを克服する方法

チキン利食いを克服する方法は以下のようなものがあります。ぜひ試してみてください。

トレードルールを作る

そもそもトレードルールを決めていないケースがあります。エントリーするときは利確ポイントと損切りポイントをしっかり決めてからやりましょう。これでだいぶ解消されるはずですから、これだけでも克服できることが多いです。

ロットを下げる

ロットを上げ過ぎている場合は、それになれていないためか、ちょっとした値動きだけで怖くなってしまい、すぐに決済してしまいます。その場合は先ずはロットを下げてください。ロットを上げるにしてもいきなり大きく上げるのではなく、徐々に上げてください。

チャートを見ない

チキン利食いをしてしまう人の傾向としてリアルタイムでチャートをみていることが挙げられます。リアルタイムでチャートを見ていることで、ちょっとでも逆行してしまうと怖くなってしまい、決済してしまうのです。で、あれば自動決済設定を入れて、指値と逆指値を設定しておいて放置してください。

相場の環境認識

今日の日足、週足を見てください。今日の相場がレンジなのか、トレンドが出そうなのかを認識したうえで狙う値幅を設定するべきです。レンジがずっと続いている場合はブレイクしてトレンドが出る可能性がありますし、トレンドが続いている場合はそろそろレンジになる可能性があります。

HFMがおすすめ

HFMでは株、FX、仮想通貨など1000以上の銘柄をトレードすることができます。口座開設は無料でできますので、以下の記事を参考にして口座開設をしてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました